今ならモニター価格500円!













※スタートガイドはPDF形式の電子ブックとなります








関連するメルマガ記事「たった1℃で変わるトリートメントの浸透力」を詳しく見る

トリートメントはどんなに高品質で成分が優れていても髪の内部に浸透しなくては宝の持ち腐れ。
実にもったいない買い物になってしまいます。

では、どうすれば髪の内部に「浸透」させることができるのか?
あまり知られていませんが、トリートメントは「温度」によって浸透が大きく左右されます。

温度が高ければトリートメントは髪に浸透しやすく、反対に低ければなかなか髪の中に入っていかないのです。
この「温度」に影響するするのは、夏や冬といった季節による温度変化が一番大きい要因となります。

冬はお風呂場の温度が低いのでトリートメントの温度も低くなりがち。
トリートメントは1℃違うだけでも浸透力に影響を与えますから、冬のトリートメントはどうしても浸透するのが難しくなります。

さあ。
それでは、夏の浴室は温かいからトリートメントが浸透しやすくなるのか?

いいえ。
そうではありません。
実際にあなたも、夏と冬で髪の状態が大きく違うとは実感していないことでしょう。

温度による浸透力アップを実感しにくい原因がここにあります。

もしも、単に浴室の温度だけで浸透力が変わるなら話は簡単です。
冬は寒い=浸透しない
夏は暑い=浸透する

という訳ですから何も難しいことはありません。

ところが、実際には「お湯の温度」が違うために浸透力の違いを実感できないのです。

あなたは、冬に比べて夏のお風呂やシャワーの温度を低く設定していません?
例えば以下の設定が一般的です。

冬=41℃
夏=38℃

浴室の温度が低い冬場には、お湯の温度を高めに設定してゆっくり湯船につかりますが、夏場には温度を低く設定してシャワーを浴びるのみというライフスタイルが多くなっています。
お湯の温度が低ければ、髪の温度も同様に低くなり、トリートメントの温度が高くても、浸透しにくい状態になってしまうのです。
残念ながらこれでは、プラスマイナスゼロで、季節温度の効果を得ることができません。

トリートメントの温度で浸透が変わると言いましたが、厳密には…

   トリートメントの温度
×     髪の温度
――――――――――――――――――
浸透力アップ

これが、トリートメントの効果を高める方程式です。

温度がトリートメントの効果に大きな影響を与えることがわかりましたが、この方法をあなたの自宅でおこなうにはどうしたら良いでしょう?

まずは、シャンプー前に少し温かめのお湯で「すすぎ」を丁寧に行いましょう。
シャンプー前の「すすぎ」は非常に大切な事で、「しっかりすすぐ」ことによって、髪が温まり、浸透力を高めることができるのです。

シャンプー後も丁寧にすすぐことで髪の温度が上昇します。

もしも、使用しているシャンプーやトリートメントがラミネートタイプなら、洗面器で温めるとホットトリートメントになります。
温まった髪とトリートメントで温度がグッとアップするので、トリートメントをしっかりと浸透させることができるのです。

関連するメルマガ記事「冬に乾燥したパサパサ髪のケア」を詳しく見る

あなたは最近、自分の髪にパサパサ感を感じていませんか?

出かける前にワックスやオイルもつけているのにパサつく。
毎日しっかりトリートメントをしているのにパサつく。

このように、3月に髪が乾燥している原因は、長い冬の乾燥が原因になっている可能性が考えられます。

冬場は、外に出れば寒気。中に入れば暖房というように、常に髪がカラカラに乾燥しやすい状況で私達は24時間を過ごしています。
その為、髪から水分が蒸発しやすい状態が続き髪がパサパサになってしまいます。
わかりやすくイメージすると夏場と冬場に干し終えた洗濯物の手触り。
冬場の洗濯物がカラカラに乾いた固い感触を思い出して下さい。
あなたの髪も同じような状態になっている可能性があるのです。

パサついたヘアとは髪の中の水分量が少なくなっている状態。
髪の水分量は13%前後と言われていますが、冬の乾燥が激しい時期は、人によって髪の水分量は半分の6~7%にまで低下してしまいます。
加えて、入浴時に入念にトリートメントをしたとしても、その後風邪を引くからと言ってドライヤーで髪をゴォーッと一気に乾かしてしまう行為は、トリートメントで保護したはずの髪の水分まで熱風で一気に蒸発させてしまうのです。

このように冬場は気を抜くとすぐにカラカラの乾燥ヘアになってしまい、髪が傷んでしまう大きな原因となる静電気が発生しやすくなります。
髪をとかした際にバチバチッ!と静電気の音がした経験は誰にもあると思いますが、静電気は髪の中の水分量が著しく低下している状況で発生します。
外出前に髪を保湿するワックスやオイルを利用して髪を保湿する事も大事ですが、そもそもの水分が髪の中に無ければ、当然静電気が起きやすい状況は続いてしまいます。

一日の中で髪に大量の水分や栄養をストック出来るタイミングとは、入浴時のトリートメントです。
その為、トリートメント選びは非常に重要な点となってきます。

しかし、パサつきヘアは普通のトリートメントだけではしっとりヘアになりにくいという事をご存知でしょうか?
市販のトリートメントのほとんどは髪をコーティングする成分が含まれているだけで、髪に必要な栄養や補修成分はほとんど含まれていないのです。

その分安価に販売されている点はメリットと言えますが、パサパサヘアをしっとりヘアにするのは難しいでしょう。

もしあなたがパサつきヘアをしっとりヘアに今すぐ戻したいなら、髪をコーティングするシャンプーやトリートメントではなく、専用のヘアケア製品を試してみましょう。
市販の製品と比べて高価にはなりますが、その分髪に必要な栄養素や美容液成分が入っており、使用して数日でパサパサしていたあなたの髪がしっとりしていくのを実感出来るでしょう。